twitter.com

とよさか’s diary

トレーディング&雑記

睡眠と瞑想(1)睡眠効果としての身体の回復に果たす役割


「生きるための基本的な活動である睡眠と、

 メタ認知力向上やテロメアの修復に寄与するとされる瞑想」

睡眠は身体の回復と健康維持に欠かせません。質の高い睡眠は免疫機能を向上させ、

細胞の再生やホルモンの調整に貢献します。

そして、瞑想は心と身体のリラックスを促進し、メタ認知力を向上させることで

ストレスの軽減や心の安定に寄与します。

また、瞑想がテロメアの修復につながる可能性も指摘されています。

良質な睡眠と瞑想が共に、

心身の調和と健康な生活を築く一助となることを期待しています。

 

睡眠効果としての身体の回復に果たす役割

 

1.細胞の再生と修復

  睡眠中、身体は成長ホルモンが分泌され、これが細胞の再生や修復を促進します。

  傷ついた組織が修復され、細胞が強化されることで、身体の損傷や老化が抑制

  されます。

 

2.免疫機能の向上

  免疫システムは睡眠中に最も活発に働きます。免疫細胞が増加し、

  病原体に対する抵抗力が向上します。十分な睡眠は感染症や炎症への対抗力

  を高めます。

 

3.ホルモンの調整

  睡眠はホルモンの分泌とバランスにも影響を与えます。

  例えば、睡眠中にはストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が低下し、

  成長ホルモンや性ホルモンの分泌が増加します。

 

4.神経伝達物質の整備

  睡眠中、脳は神経伝達物質のバランスを整えます。これにより、

  覚醒時には適切な神経活動が行われ、情緒や注意力などが適切に調整されます。

 

5.エネルギーの蓄積

  睡眠はエネルギーの蓄積と保存にも関与します。

  十分な睡眠を得ることで、身体は次の日の活動に備えてエネルギーを十分に

  蓄積します。

 

6.筋肉のリラックス

  筋肉は睡眠中にリラックスします。これにより、

  日中の活動で疲れた筋肉が休息し、回復します。

 

生活や活動内容を向上させるのに必要な睡眠ですが、年齢を重ねると難しくなります。

今回は効果に視点をあてていますが、質を上げる方法も調べていきたい。

 

kiyutana.hatenablog.com