twitter.com

とよさか’s diary

トレーディング&雑記

睡眠と瞑想(3)睡眠効果としてのストレス軽減に果たす役割

「生きるための基本的な活動である睡眠と、

 メタ認知力向上やテロメアの修復に寄与するとされる瞑想」

睡眠は身体の回復と健康維持に欠かせません。質の高い睡眠は免疫機能を向上させ、

細胞の再生やホルモンの調整に貢献します。

そして、瞑想は心と身体のリラックスを促進し、メタ認知力を向上させることで

ストレスの軽減や心の安定に寄与します。

また、瞑想がテロメアの修復につながる可能性も指摘されています。

良質な睡眠と瞑想が共に、

心身の調和と健康な生活を築く一助となることを期待しています。

 

睡眠効果としてのストレス軽減に果たす役割

 

1.ストレスホルモンの調整

  睡眠中にはストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が低下します。

  これにより、ストレス反応が緩和され、リラックスした状態が促進されます。

 

2.自律神経のバランス

  睡眠は交感神経(興奮を促進する)と副交感神経(リラックスを促進する)

  のバランスを整えます。十分な睡眠をとることで、副交感神経が優位になり、

  心身が安定しやすくなります。

 

3.感情の処理と整理

  睡眠中には夢を含む異なる睡眠サイクルがあり、これによって日中の経験や感情

  が処理され、整理されます。これがストレスの軽減に寄与します。

 

4.心拍数と血圧の調整

  睡眠中は心拍数や血圧が安定し、これが身体へのストレス負荷を軽減します。

  不足した睡眠はこれらのパラメーターを不安定にし、慢性的なストレスにつながる

  可能性があります。

 

5.情緒の安定

  睡眠不足は感情の不安定さを引き起こすことがあります。

  十分な睡眠をとることで、感情のコントロールがしやすくなり、ストレスに対処

  しやすくなります。

 

6.問題解決能力の向上

  睡眠は問題解決やクリエイティビティにも影響を与えます。十分な休息を得る

  ことで、問題に対する柔軟性や創造性が向上し、ストレスに立ち向かう能力も向上

  します。

 

生活や活動内容を向上させるのに必要な睡眠ですが、年齢を重ねると難しくなります。

今回は効果に視点をあてていますが、質を上げる方法も調べていきたい。

 

kiyutana.hatenablog.com