twitter.com

とよさか’s diary

トレーディング&雑記

断酒生活・抑制の低下の良い点悪い点

アルコールの摂取によって抑制が低下すると、本能が露わになるかのように、

人々は普段とは異なる本質を表すことがあります。

アルコールが中枢神経系に影響を与え、抑制機能を低下させることで、

感情や本能が強まります。

これはまるで内なる本性が一気に表面化するようなものです。

社会的な規範や期待から解放される感覚が、普段は抑制されていた本能や行動を

引き出すことがあります。

 

しかし

こうした行動が必ずしもその人の真の本性を如実に示しているわけではありません。

アルコールの影響下では判断力が低下し、冷静な判断が難しくなります。そのため、

行動はその瞬間の状況や感情に左右され、外部の要因も影響を与えます。

 

抑制の低下がまねく良い側面と悪い側面が共存する舞台で、

人は自らの本能に向き合うこととなります。この脆弱な舞台で、

人々は解放感や冒険心を味わう一方で、慎重さを欠いた行動に走ることもあります。

普段の行動や価値観と、アルコールの影響下での本能的な行動を総合的に考慮する

ことが重要です。本能の脆弱な舞台では、人間の複雑な一面が広がっており、

その理解が深まることで、

健康でバランスの取れた生活への一歩が踏み出せることでしょう。


〇良い点

 解放感と冒険心の味わい

  アルコールの影響で感情が高揚し、新たな経験や冒険に対する好奇心が刺激

  されます。これは普段の抑制が解かれることで得られるポジティブな側面です。

 

 コミュニケーションの促進

   アルコールは社交性を高め、コミュニケーションが円滑になることがあります。

  これによって人々はお互いに開かれ、親密な関係を築くことができます。

 

 ストレスの軽減

  アルコールは一時的にストレスや緊張を和らげることができ、

  日常のプレッシャーから解放される感覚があります。

 

〇悪い点

 無謀な行動

  アルコールによって判断力が低下するため、無謀な行動に走ることがあります。

  例えば、飲酒運転や危険なスポーツなどが挙げられます。

 

 感情の爆発

  高揚した感情が暴力や口論といったネガティブな形で表れることがあります。

  これはアルコールによる抑制の低下が招いたマイナスの側面です。

 

 記憶の喪失

  大量のアルコール摂取によって記憶障害が生じ、その期間の出来事を覚えていない

  ことがあります。これは後で後悔の原因となります。