twitter.com

とよさか’s diary

トレーディング&雑記

睡眠と瞑想(5)瞑想効果としてのストレス軽減に果たす役割

「生きるための基本的な活動である睡眠と、

 メタ認知力向上やテロメアの修復に寄与するとされる瞑想」

睡眠は身体の回復と健康維持に欠かせません。質の高い睡眠は免疫機能を向上させ、

細胞の再生やホルモンの調整に貢献します。

そして、瞑想は心と身体のリラックスを促進し、メタ認知力を向上させることで

ストレスの軽減や心の安定に寄与します。

また、瞑想がテロメアの修復につながる可能性も指摘されています。

良質な睡眠と瞑想が共に、

心身の調和と健康な生活を築く一助となることを期待しています。

 

瞑想効果としてのストレス軽減に果たす役割

 

1.自律神経の調整

  瞑想は交感神経と副交感神経のバランスを整える助けとなります。

  副交感神経が優位になることで、リラックス状態が促進され、ストレスホルモン

  の分泌が抑制されます。

 

2.コルチゾールの低減

  瞑想はコルチゾールといったストレスホルモンのレベルを低減させることが示され

  ています。これにより、身体的な緊張や心理的な不安が軽減されます。

 

3.マインドフルネスの向上

  瞑想はマインドフルネス(注意深い意識)を養う手段となります。

  過去や未来の心配事にとらわれず、現在の瞬間に集中することで、過度なストレス

  を減少させます。

 

4.ストレスへの対処力向上

  瞑想を継続的に行うことで、日常生活でのストレスへの対処能力が向上します。

  冷静かつ客観的な視点を持ち、問題に対処する柔軟性が増します。

 

5.深いリラックス状態

  瞑想は深いリラックス状態をもたらし、筋肉の緊張をほぐすことで身体全体の

  快適さを増進します。これがストレスによる身体的な不快感を和らげます。

 

6.睡眠の質の向上

  瞑想は睡眠の質を向上させる助けになります。リラックスした状態で入眠できる

  ため、より良い睡眠を得ることができ、日中のストレスへの耐性が向上します。

 

7.脳の構造と機能の変化

  瞑想が脳の構造と機能に影響を与え、ストレスに対する反応が緩和されることが

  研究で示唆されています。特に、ストレス応答に関与する脳の部位が変化する

  ことが報告されています。

 

心の面に作用するのが瞑想、メンタルマッサージの効果がある。

ストレスの緩和や睡眠の質を向上させ、脳の神経伝達の構造さえ変化させます。

 

kiyutana.hatenablog.com

kiyutana.hatenablog.com

kiyutana.hatenablog.com